QR コードのリスク: ハッカーによる強盗の方法

QRコードとは?

QR コード、またはクイック レスポンス コードは、スマートフォンなどで読み取ることができる 2 次元バーコードです。これらのコードは、特定のパターンで配置された白黒の正方形で構成され、テキスト、Web サイト、連絡先情報などのさまざまな情報を保存できます。

QR コードは、1990 年代に日本で自動車業界向けに開発されました。それらはスキャナーですばやく簡単に読み取れるように設計されているため、「クイックレスポンス」コードと呼ばれています。現在、QR コードは、マーケティング、小売、イベントのチケット販売など、幅広い業界やアプリケーションで使用されています。

QR コードを読み取るには、スマートフォンなどのデバイスで QR コード リーダー アプリを使用するだけです。アプリはコードをスキャンし、情報を表示するか、コードに関連付けられたアクションを実行します。これには、ユーザーを特定の Web サイトに誘導したり、メッセージを表示したり、電話に連絡先を追加したりすることが含まれます。

QR コードは、ユーザーが情報にアクセスしたり、特定のアクションをすばやく簡単に実行したりするための便利な方法を提供するため、人気があります。また、簡単に生成して印刷できるため、広く使用されており、多くの企業や組織にとって費用対効果の高いソリューションとなっています。ただし、QR コードには、フィッシング攻撃の可能性やマルウェアの拡散など、特定のリスクもあります。

リスク #1: 悪意のあるリンク

スクリーングラブのqrコード

ハッカーは悪意のある QR コードを作成し、スキャンするとユーザーを悪意のある Web サイトに誘導したり、悪意のあるプログラムをデバイスにダウンロードしたりする可能性があるため、QR コードは危険な場合があります。これは、「QR コード インジェクション」と呼ばれるプロセスによって発生する可能性があります。

QR コード インジェクション攻撃では、ハッカーが正規のように見えるが、悪意のある Web サイトへのリンクや悪意のあるプログラムをダウンロードするコマンドを含む QR コードを作成します。 QR コードがスキャンされると、ユーザーは無意識のうちに悪意のある Web サイトに誘導されたり、悪意のあるプログラムがデバイスにダウンロードされたりします。

QR コード インジェクション攻撃の一般的なタイプの 1 つはフィッシング攻撃です。この攻撃では、ハッカーが QR コードを含む詐欺メッセージを送信し、スキャンするとユーザーを偽の Web サイトに誘導します。偽の Web サイトは正当に見え、実際の Web サイトのデザインやブランドを模倣している場合もありますが、その目的は、ユーザーをだましてログイン資格情報や財務情報などの機密情報を入力させることです。この情報は、ハッカーがユーザーの身元やお金を盗むために使用できます。

また読む:   DAEファイル形式とは何ですか? DAEファイルを開いて変換する方法は?

もう 1 つのタイプの QR コード インジェクション攻撃は、マルウェアの拡散です。ハッカーは QR コードを作成し、スキャンすると悪意のあるプログラムをユーザーのデバイスにダウンロードできます。このマルウェアは、機密情報を盗んだり、デバイスを制御したりするために使用される可能性があります。

このようなタイプの QR コード インジェクション攻撃から身を守るには、QR コードをスキャンするときは注意が必要です。また、アクションを実行する前にコードをスキャンしてその信頼性を検証する機能などのセキュリティ機能を備えた QR コード リーダーを使用することが重要です。また、QR コードを使用してアクセスする Web サイトに入力する情報にも注意し、デバイスのオペレーティング システムとウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ対策を講じる必要があります。

リスク #2: データの盗難

QR コードのリスク

QR コードは、スキャンするデバイスから機密データを盗むために使用される可能性があるため、危険な場合があります。これは、「データ流出」と呼ばれるプロセスを通じて発生する可能性があります。

データ漏洩とは、所有者の認識や同意なしに、デバイスまたはネットワークから機密データを抽出するプロセスです。ハッカーは、QR コードを使用して QR コードを作成し、スキャンするとデバイスからデータを抽出してハッカーに送信することで、データの流出を実行できます。

ハッカーが QR コードを使用してデータを盗み出す方法の 1 つは、悪意のあるプログラムをデバイスにダウンロードするコマンドを含む QR コードを作成することです。このプログラムを使用して、デバイスからデータを抽出し、ハッカーに送信できます。

ハッカーが QR コードを使用してデータを盗み出すもう 1 つの方法は、ユーザーを悪意のある Web サイトに誘導する QR コードを作成することです。 Web サイトは、ログイン資格情報や財務情報などの機密情報の入力をユーザーに求める場合があります。この情報は、ハッカーがユーザーの身元やお金を盗むために使用できます。

QR コードを介したデータ流出から身を守るには、QR コードをスキャンするときは注意が必要です。また、コードをスキャンして、アクションを実行する前にその信頼性を検証する機能などのセキュリティ機能を備えた QR コード リーダーを使用することが重要です。また、QR コードを使用してアクセスする Web サイトに入力する情報にも注意し、デバイスのオペレーティング システムとウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ対策を講じる必要があります。

また読む:   RTFファイル形式とは? RTF ファイルを開いて変換する方法

リスク #3: フィッシング詐欺

QR コードは、個人や組織から機密情報や金銭を盗む詐欺的な試みであるフィッシング詐欺の実行に使用される可能性があるため、危険な場合があります。

フィッシング攻撃では、ハッカーが、銀行や政府機関などの正当なソースから送信されたように見える偽の電子メールまたはテキストを作成します。これらのメッセージには、多くの場合、リンクまたは QR コードが含まれており、クリックまたはスキャンすると、正規のように見える偽の Web サイトに被害者を誘導します。

フィッシング攻撃の目的は、被害者をだましてログイン資格情報や財務情報などの機密情報を偽の Web サイトに入力させることです。この情報は、ハッカーが被害者の身元やお金を盗むために使用できます。

フィッシング攻撃は、検出が難しいため、特に危険です。偽の電子メールやテキストは、多くの場合、実際のソースに似たブランドや言葉を使用しており、偽の Web サイトは正当に見え、実際の Web サイトのデザインを模倣している可能性があります。

QR コードを介したフィッシング詐欺から身を守るには、QR コードをスキャンする際に注意し、コードをスキャンしてその信頼性を確認してからアクションを実行する機能などのセキュリティ機能を備えた QR コード リーダーを使用することが重要です。また、QR コードを使用してアクセスする Web サイトに入力する情報にも注意し、デバイスのオペレーティング システムとウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ対策を講じる必要があります。 Web サイトについて不明な点がある場合は、アドレス バーで南京錠のアイコンを探すか、その会社に直接連絡して信頼性を確認することで、そのセキュリティ証明書を確認できます。

予防のヒント

QR コード詐欺を防ぐには、次のベスト プラクティスに従うことが重要です。

QR コードをスキャンするときは注意してください。信頼できるソースからの QR コードのみをスキャンしてください。 QR コードの正当性に疑問がある場合は、スキャンしないことをお勧めします。

セキュリティ機能を備えた QR コード リーダーを使用する: 多くの QR コード リーダー アプリには、コードをスキャンしてアクションを実行する前にその信頼性を検証する機能などのセキュリティ機能があります。これらの機能を備えた QR コード リーダーを使用すると、悪意のある QR コードからユーザーを保護するのに役立ちます。

また読む:   EPUBファイル形式とは何ですか? EPUBファイルを開いて変換する方法は?

仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用する: VPN は、デバイスとインターネットの間に安全で暗号化された接続を作成し、ハッカーが情報を傍受するのをより困難にします。インターネットにアクセスするときに VPN を使用すると、QR コード詐欺から身を守ることができます。

QR コードを介してアクセスする Web サイトに入力する情報には注意してください: Web サイトが正当で安全であることが確実でない限り、機密情報を入力しないでください。 Web サイトについて不明な点がある場合は、アドレス バーで南京錠のアイコンを探すか、その会社に直接連絡して信頼性を確認することで、そのセキュリティ証明書を確認できます。

デバイスのセキュリティ対策を最新の状態に保つ: デバイスのオペレーティング システムとウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ対策が実施されていることを確認します。これは、マルウェアやその他のサイバー脅威からユーザーを保護するのに役立ちます.

これらのベスト プラクティスに従うことで、QR コード詐欺の被害に遭うリスクを大幅に減らすことができます。

結論

結論として、QR コードは、情報にアクセスして特定のアクションを実行するための一般的で便利な方法になっていますが、特定のリスクも伴います。ハッカーは、QR コードを使用して機密情報を盗んだり、人々をだましてセキュリティを侵害する可能性のあるアクションを実行させたりする方法を発見しました。これらのリスクには、フィッシング攻撃、マルウェアの拡散、およびデータの流出が含まれます。

これらのリスクから身を守るには、QR コードをスキャンするときは注意が必要です。また、コードをスキャンして、アクションを実行する前にその信頼性を検証する機能などのセキュリティ機能を備えた QR コード リーダーを使用することが重要です。また、インターネットにアクセスするときは仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用し、QR コードからアクセスする Web サイトに入力する情報に注意し、デバイスのオペレーティング システムとウイルス対策ソフトウェアを定期的に更新して、最新のセキュリティ対策を確保する必要があります。場所。これらのベスト プラクティスに従うことで、QR コード詐欺の被害に遭うリスクを大幅に減らすことができます。

流暢に話せるようになるための 10 の無料語学学習アプリ
クーポンやお得な情報を見つけるためのトップ 10 Chrome 拡張機能: オンライン ショッピングでお金と時間を節約